韓国の地下鉄には、何かと珍しいものがありますね。
地下鉄に乗っていた時、突然車内で大音響とともに、音楽が聞こえて来ました。
なんだ??と思って見回してみると、後ろの両からその音がだんだん大きくなって来るでは
有りませんか。

IMG_0675

良く聞いていると、20~30年以上前の曲や割と新しい曲が聞こえて来ます。
あぁ~韓国ではごく当たり前の様な、物売りのおじさん(緑色のポロシャツの
おじさん=녹색 폴로셔츠 아저씨
・・・・

70 년대~60년대だと、아바 / 비지스(アバ/ビージーズ)や80년대だと
듀란 듀란(デュランデュラン)などなど、懐かしい曲ばかり・・・


carrycartに売りたいCDを乗せ、その上にCDラジカセ(滅茶古いCDラジカセ)をセットして
大音響で曲を流し、乗客に売るというもの。

車内でおじさんの口上は、『1970年代から最近の曲まで、全CD8枚セットで、
なんと
10,000원』でも、誰も買う様な気配が無い・・・・
1枚1,250원の計算になるんだけど、日本円で87.5円 さぁ~この商品買うか
買わないかは、貴方次第・・・

おやじ後で思ったのは、たとえコピー版とは言うものの、1枚1,250원で20曲位入って
いるし良い曲も沢山入っていたので、話のタネに買っても面白そうで良かったかなぁ~と
若干後悔

でも、実際に買って再生したら、あれれって事になるかもしれないし・・・・


韓国では、こんな風に色々な物を売りに来るし、携帯電話も架け放題、乗客の80%以上
スマホ、ipad、ipodは必須アイテム・・・・
逆に持っていない方のが、不思議なくらい・・・・『iphone』『galaxy』が一番多いかな。
IMG_0677

地下鉄の中は、こうしてWiFiのルーターが全部の車両に取り付けられています。
日本の様に、『携帯の電源をお切りになるか通話はご遠慮願います』なんて
言うアナウンスはありません。

電車の中で、携帯は使うものとされています。ごく当たり前の事で、不思議でも
何でも有りません。

おやじも電車の中で、韓国の友人に携帯で電話しちゃいます。
韓国語と日本語のちゃんぽんで話すので、廻りは逆に変な顔をしますね。

最初の頃、電車の中で電話する事をためらっていましたけど、最近は自然体で
かける様になりましたね。ある意味、度胸が付いたかも。

韓国の人は、パンマルで結構話しているのですが、おやじには出来ませんし、
分らない・・・丁寧語で話している所を横で聞いている韓国人は、変な顔をして
おやじの顔をみます。
パンマルとは、友だち同士で使う表現 ( タメ口 ) のことで、友だち同士や
目下の人に対して使えますけど、自分より目上の人に使うと失礼な言い方になるので、
止めましょうね。

 
地下鉄の中って、いろんな光景を見る事が出来て、楽しいです。
旅行の思い出の一つに、地下鉄の人間模様を観察するのも、良いかも・・・・。



では、今日はこの辺で・・・또, 만나요





最後まで読んでいただきありがとうございました。
次も又、懲りずに訪ねて下さい scuba diving in menorca


『人気ブログランキング』

に参加しています。
応援Click宜しくお願いします
皆さんのポチのおかげです。有難うございます。
br_c_9029_1





関連記事
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

韓国へ行く時の必須アイテム

韓国の地下鉄の中で見つけた広告

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)